忍者ブログ
ブログ内検索
プロフィール
HN:
***
性別:
非公開
自己紹介:
【真・三國無双Online】



→飛将呂布
→官渡の戦い
→赤壁大戦
→荊州鳴動(魏)
→連環の計(董卓)
→潼関の戦い(曹操)
→小覇王立つ(曹操)
→司馬氏台頭(晋)
→定軍山の戦い(曹操)


【ブレイドアンドソウル:胡桃】




【PSO2:Ship05(ラグズ)】




amazon

EIZO FORIS 23.8インチ FS2434-R
ゲーム・動画・イラスト制作にもマルチに対応!フリッカーフリーでちらつきがなく目に優しい。約6mmの狭縁でデュアル、トリプルにも。Smart Insight 2で暗い部分も鮮明に映し出す。


アームスタンド CA-600
【使用中】 肩凝り腰痛対策。
片腕の重さは体の重さの約5%、長時間作業で肩にかかる負担改善に。 
PR
PR
PR
最新記事
(07/03)
(05/22)
(05/22)
(05/11)
(05/09)
(05/01)
(04/06)
(04/04)
(04/03)
(04/03)
(04/02)
(04/02)
(03/28)
(03/03)
(02/08)
(01/31)
(01/28)
(01/17)
(12/10)
(11/29)
(11/04)
(10/31)
(10/29)
(10/21)
(10/06)
最新CM
無題(返信済)
(10/12)
サンキュー(返信済)
(09/18)
無題(返信済)
(09/04)
無題(返信済)
(06/14)
無題(返信済)
(05/23)
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
PR
忍者アクセス解析
【真・三國無双Online】
「『真・三國無双 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。」 または、「(c) 2006-2010 TECMO KOEI GAMES CO., LTD. All rights reserved.」 「このホームページに掲載している『真・三國無双 Online』の画像は、『真・三國無双 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーテクモゲームス、またはCJインターネットジャパン株式会社が使用許諾を行ったものです。」

【C9】
(c) WEBZEN, Inc. All Rights Reserved. Licensed to (c) GameOn Co., Ltd.

【PSO2】
(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2
Cheerful company shortens the miles.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近はお絵描き優先でゲームはあまりやれていませんでしたが、気になっていた「World of Warships」というリアルお船のゲームがオープンしたのでちょっと触ってきました。

World of Warships」 → http://worldofwarships.asia/



World of Warships」は駆逐艦戦艦空母などを操作し、最大12人vs12人の対戦が行えるゲーム。

Oβテストでは日米合わせて80種類の艦艇が用意されている。



最初から使用できるのはアメリカの「Erie」と日本の「Hashidate」。

PTは上にある「分艦隊の作成」からユーザーを検索して組む。

 

チャットは日本語入力できなかった。(メモ帳からコピペで日本語可能らしいが文字化けする人もいるので非推奨とのこと)

名前もローマ字のみ。

公式やゲームクライアントは日本語にできるのでプレイに支障はない。





最初はチームを組んでNPC相手に戦う「Co-op戦」のみ。

戦闘に出てレベルが上がると「対人戦」も可能になる。(3戦ぐらいすればレベルが上がる)


NPC戦はランダムで他のユーザーとマッチングされ、勝利条件もランダム。



開始早々味方に体当たりされる。

この状態では徐々にドットダメージが入るらしい。

味方を誤射してもダメージが入るので注意が必要。(普通にやってれば味方には当たらない)



操作方法は簡単ですぐに慣れる。

W」を押すごとに「1/4」「1/2」「3/4」「FULL」とスピードが上がり、「Q」「E」で舵を切る。

今どの舵を取っているのかは中央下の表示を見れば分かる。



最初はわけもわからないうちに撃沈された。

NPCTueeeee!!

自身のHPゲージは左下の船のマークを見れば分かる。


自分が撃沈された後は他の味方視点で戦闘を眺めるか、早々に退出してしまっても構わない。



はにーを観戦してたらはにーも撃沈した^p^

真っ二つになってぶくぶく沈んでいきおった。

沈み方は何種類かあるらしい。



早々に退出しても経験値と報酬は獲得できる。

まだ終了していない戦場に出ている船は使えないが、港に残っている船があればそれを使ってさっさと次の戦場へ行くことが可能。

1戦終わるまで待たなくていいのは良いね。



双眼鏡視点(スナイパーモード)はShift or スクロール

距離が離れていても照準のライン上に敵艦があれば当たる(移動を予測しつつ)。



経験値を貯めると新しい船を開発できるようになる。



日本艦の技術ツリー(クリックで拡大)。

気が付いたら「この子が作りたい」とか勝手にこの子呼ばわりしていた艦これ脳ヾ(゚ω。)ノ



というわけで最初のHashidateさんを乗り捨て筑摩さんができました。

魚雷が撃ちたいー!これはまだ!><





照準覗いたり敵の攻撃を意識したり障害物にぶつからないようにマップを見たりで結構忙しいから、正直疲れた。

肩が凝るし、長時間やるのは辛そう。

1日数戦ちょこっとやって遊ぶには楽しそうなゲームです。



拍手[3回]

PR
掲示板クエにはまりまくってずっとグルグルしていたはにーを急かし、ようやくメインクエを進めることに。


しかし先行テストの時はちょいちょい出ていた永久ホイッスルがなかなか出なくなった気がする。



Lv25を超えたけど、未だにゲネポスみたいなこれ1個しか持ってない。


クエを進めていたところ、道中になかなか良さげなMobシードランを発見!

よし、お前を使役する!

・・・と、しばらく狩りまくっていたけど・・・他ゲーと同じように私のIDが臭くてドロップ運が絶望的( TДT)(はにーは8個ぐらい持ってる)



手前が私が欲しがっていたシードラン、奥がはにーが持ってるランポスカラーのアヒルウナギ(仮:名前忘れた)。

このシードラン緑ホイッスルのやつなので、1日で消えちゃう(;;

私が欲しいのは永久の青ホイッスル

青ホイッスルならMob図鑑に保管してコレクションすることも可能。



全然出ないのでちょっとクエを進めることに。

すると、



ちょびっとしか狩らないクエMobから青ホイッスルが出た!

しかもグロいやつの!



ドクゲロンってこれやで。

ねばぁ・・・って糸がキノコからカエルにひっついてる((( ;゚Д゚)))

しかもプレイヤーのマウント姿勢がしがみ付き!

ガチ蛙の挙動でべっちょん、べっちょんってジャンプしながら移動します。

軽く吐き気を催すぐらいリアルな動き・・・(´・ω:;.:...



はにーに呼ばれて行ってみると、そこにはフィールドボスアムライノスがいた。

掲示板クエで徘徊しているボスと違って、めっちゃ硬い!めっちゃ痛い!

軽くかすっただけで即死しました^p^



これもフィールドボス(パラノシアン)。

私はすでに死んでます。

でもワンパンしたら転がってても称号やアイテムを貰えるみたい。



掲示板クエループをようやく脱してくれた(?)はにーでしたが、次はホイッスル集めにはまってしまったようで\^o^/

なかなか先に進めないけど、やることがあるってのはいいんじゃないかな!



拍手[1回]

も引き続き「ハンターヒーロー」をプレイしています。

人も多く、全ch真っ赤だったり、重くてラグる日もありました。(今は大丈夫)


職は術士レンジャーに変えました。

手取り足取りの自動移動、分かりやすいアクション、可愛いキャラクターで、初心者にもとっつきやすいゲームだと思います。



ゲーム内容は基本的に、Mobを狩って素材を集めて、その素材で装備を作り、また強い装備を作りたければ対象のMobを狩って・・・と、要するにモンハンと同じ流れ。

でも残念なのは、アバターをいつも着ている状態なので、いくら防具を作っても見た目に反映されない点。

モンハンならまだ「エロ装備を作る!」「カッコイイコーディネイトを作る!」とモチベも湧きましたが、見た目が変わる喜びがないのは痛い。


あとこれをやっているとモンハンマビノギ英雄伝がやりたくなる。

もっとこう・・・キャラとの一体感を感じて狩りがしたい・・・!

やっぱり好みの見た目は、等身大で、洋ゲーみたいにリアルじゃない、ちょい漫画っぽい個性のあるキャラ(無双B&S)だな、と思う( ´'ω'` )



スレで「赤床避けゲー」と言われていた。納得。


この赤いしるしのところにMobの痛い攻撃が飛んでくるので、回避必須。

すでに私は赤床スキルクールタイムしか見ていない。


ぼーっとしてたら即死もありえるし、痛い攻撃が分かりやすく、回避の方法も単純なので、大きなストレスを感じることなくそこそこのスリルを楽しめる、今のところはライトなゲーム。

Lv30超えの動画を見た感じではドラネスみたいに慌しくなってるけど((( ;゚Д゚)))





Lv20そこいらで、ペアLv18のPT猿ダンジョンに行って壊滅した。

PTダンジョンはMobの攻撃が痛い!

やっぱり5人フルPTでいくもんなのかな(´・ω・lll)



部位破壊できた。

尻尾切れたけど、特別ドロップ無し。

モンハンみたいに部位破壊したらレア素材出ればいいのに!

(これをやっちゃうとカプコンと揉めるから「未実装」なんだとか。)



Lv23、相変わらずソロ推奨で、はにーとも別々にクエをやる始末。

でもいい加減掲示板クエ以外やってレベル上げて先進もうぜー!><





Warframeでもついに翼が実装されて、無双では10月30日に発売されるハロウィンセットを買う予定。

ぼちぼちネトゲも続けてますよ!



拍手[0回]

新作「ハンターヒーロー」の先行テストに参加してきました。



https://hh.x-legend.co.jp/event/cbt/

と言うわけではなく、先行テストで、今からでも参加できるみたい。

テストは2014年10月22日(水)11:00までなので、実質2日のみ。

データは全てワイプです。



PVを見た感じではファンタジー系モンハンで、ちょっと面白そうだったので参加。


私は術士、はにーは修道士を選択。



チビキャラで、個人的には好みではないけど、なかなか可愛いグラフィックです。

中はかなり人が多く、皆それぞれ変わったモンスターに騎乗していて賑やかです。

画面内のキャラが多くてもほとんどカクつかず、軽いのはGood!



今回の風雅屋と、一緒に戦うペットのブブリ

相棒ブブリのカスタマイズはキャラメイクと同時にできます。



基本的なゲームの流れは、

クエ受諾

クエストウインドウに書いてある次の項目をクリック

自動移動

目的地へ到着(クエスト遂行)

クエスト終了後、ワープで街へ

報告NPCまで自動移動

(以下繰り返し)

移動楽々手放しオンライン。



戦闘は、範囲攻撃があったり、敵の攻撃線が出たら転がり回避したりで、まあアクション性はそこそこ。

基本、一匹をタゲってスキルボタンポチポチです。

Lv20以降モンハンっぽさが加速するとかなんとか。



ただ画面回転がマウス右ドラッグでさー!

戦闘中焦ってマウスを動かすと、クエストウインドウやウインドウの外でデスクトップクリックしちゃって、画面回転できなくなってわけのわからないまま背後から敵に殴られるとかザラ。

普通にマウス動かしたら画面も回転するFPS方式でいいのに、変更はできない。

だから折角のアクションがやり辛い。



面白いなーと思ったのが、騎乗ペットシステム。

モンスターを倒すと一定の確率で「ホイッスル」を落とすことがあり、それを使うことでそのモンスターが騎乗ペットになってくれる。

その数300種類以上。

ドロップするのは1日のみの有効のホイッスルだったり、永久ホイッスルだったり。

騎乗目当てで欲しいモンスターを狩るのも楽しそう。

(最初に貰える騎乗はチョコボみたいな鳥)



狩場は基本MOで、ソロ&ソロ。

自動移動といい、プライベートな狩場といい、メンドクサイを極力排除した親切過ぎる設計。


レベルはどんどん上がっていくし、大きなMobもうろうろしてるし、なかなか悪くない出来のゲームだと思います。



ガノトトスかな?


操作性が悪いから、アクションやりたいならモンハンドラゴンネストの方がオススメ!

可愛いキャラで、ペットいっぱい捕まえてキャッキャッウフフしたいなら素敵かも。

部位破壊はいつできるようになるのかな?@@



拍手[2回]

ドラゴンズプロフェットはまだまだ先だろうし、とりあえずTERAの続きをやる予定だったが。



なんとなーく、最近他のゲームの掲示板で目にした「おにぎり」という謎のゲームを検索してみたところ、調度誰でも参加可能な「α」テストが始まったばかりだったので、それをやってみることに。

http://www.onigiri-online.jp/



ひらがなで書くからなんのこっちゃだったけど、正確には「鬼斬」と書く。

KOEIの新作「討鬼伝」や、イラストが特徴的な「墨鬼」とごっちゃになって、漠然と食べ物かオフゲのことかと思っていた。



テスト当日にクライアント落とすとか時間がかかって仕方ないかと思ったけど、案外すんなりDL&インストール完了。

が、アプデの進行度表記が謎過ぎた。

1771M完了→2100M完了→-2100M完了→-1771M完了

は?



公式HPのムービーを見た感じ、MHFPSO2を和風にしたような印象を受けた。

大きなMobを狩るアクションゲームだったら面白そうだな、と、少し期待。



まずキャラメイク



日本人受けの良い萌えグラ!

簡単につくれる美男美女!体型もロリ、普通、スレンダー、グラマーと好みに応じて変更可能!

ドラゴンズプロフェットの後だからか物凄い安心感。

初期装備も着物、和風ワイルド、和風セクシーと、個人的にかなりストライク!



キャラメイクが終わればチュートリアル



なかなか綺麗じゃない。いいじゃんいいじゃん。


操作WASD移動で、クリック→通常攻撃右クリック→スキル攻撃

数字1~3でスキルを選択し、右クリックで発動するというもの。

数字で一々選択させるぐらいなら数字一つでスキルが発動すればいいのにと思わんでもない。


Shiftでガード、移動2度押しで回避

ふむふむ、派手さはまだないが、アクション自体は悪くないぞ。



そうこうしていると、目の前に小さな達磨が出てきた。

これが最初の敵らしい。


ぺしぺし叩いていると、達磨の攻撃!

・・・かなり痛い

このゲームはちゃんと回避をしながらヒット&アウェイでやらないとダメなゲームのようだ。



襲われている静御前を助けるため、チュートリアルボスのドラゴンとバトル。

動きは結構分かりやすいので慎重にやれば問題ないが、やっぱり当たると痛い。



ドラゴンを倒し、静御前を救出。

チュートリアルを終え、いざMMOエリアへ。



!?

ここは・・・天界?

なるほど、プレイヤー達は仙人のような設定なのか・・・って、数十秒してじわじわ地面が出来た。

どうやら重過ぎて描画されていなかったようだ(;´Д`)


人はたくさんだったけど、グラボの負荷はほとんどないようで温度は55度程度。



静御前と、状況を説明してくれる鬼一法眼

NPCとの会話は基本立ち絵。ギャルゲのようだ。



なんやかんやで封印がヤバイらしいので、ダンジョンへ封印の状況を見に行くことに。

相棒とPTを組んで、いざ、ダンジョンへ突撃。



!?


「私もついて行く」と言った静御前がそれぞれに付いていた。

NPCと一緒にプレイするって、今は亡きタルタロスを思い出す。



Mobの名称の字体や見た目も和風。

和風妖怪ばかり登場する独特な雰囲気がなかなか素敵。



しかしはにーがコロッと死んだ。

雑魚の攻撃が痛過ぎるので、慎重に慎重にやらないと一気に体力を持っていかれるのだ。

私も気を抜いたら死にそう。



先ほど貰ったおにぎりでその場復活。

ちなみにHP回復はまぐろ寿司



そうこうしてるうちに私も1死、1個しかないおにぎりを消費。

そしてダンジョンのボスらしき、凶骨登場。



このデカさや独特の禍々しさ、日本妖怪ってたまらないよね。



・・・って、はにー死んだ。


その場復活は出来ないのでダンジョンの外に放り出される。

ダンジョンに入り直して戻ってくることは可能のようだったが、しばらくして私も死んだ。


ちび骸骨わらわら、ボスも2匹いるのでかなり厳しい・・・(;;





敵の攻撃が強過ぎるのと、死んだらレベルが下がってたのと、武器の消耗が激しくて修理費が高いのでアウト。

相棒は萎えクリ。

私は、雰囲気は嫌いじゃなかったぜ!

でも最初のクエストなのに私には難易度高過ぎる( ゙'ω゙` )



あと各ウインドウのショートカットがないので、一々Alt押してカーソル出してウインドウクリックして開かないといけないのも面倒。

メモリリークや、クラ落ちたら所持金なくなったや、エラー出てダンジョン入れないなど、まだまだ問題山盛りみたい。

いろいろ充実したら面白そうなゲームではある・・・が、先は長い(;´Д`)

TERAはとても完成されたゲームなんだとつくづく思います。





βをプレイして「オープンはよはよはよ!」って思ったゲームはなんだったかな。

CABALが一番そんな感じだった。

日本サービス開始前に潜入した中国完美世界もわくわくした。


思えばCABALの頃はスタイリッシュアクションゲームも珍しかったし、完美のように空が飛べて水に潜れるゲームも斬新だった。

今はどんなこともやりつくした感があるし、あんまり変わった事すると「分かり辛い」ってなって受け入れられないもんな。


・・・中国版MH気になるな!

うーん、やっぱり私はデッカイのを相手にしてギャー!ワー!騒げるアクションゲームの方が好きだ(´∀`



週末は無双ONへ妲己ちゃん武器&海賊服ゲットに向かいましょうかね(ノ)ω(ヾ)


拍手[1回]

<< 次のページ  │HOME│   
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

phot by Anghel * icon by ひまわりの小部屋
designed by Himawari-you忍者ブログ [PR]